気管支炎への疑問

子供の気管支炎

ここでは子供の気管支炎について詳しく説明しています。

子供は自分の体の不調をなかなか周りへ知らせることが上手に出来ないものです。特に新生児や乳幼児などの赤ちゃんであればなおさらです。子供の体調の異変は親が敏感に察知してあげる必要があります。同じ病気でも子供の場合は大人よりも咳や発熱などの症状が出やすい傾向にあり、気管支炎も同じことが言えます。


sponsored link




【こんな症状には注意!】

気管支炎になるのは多くが風邪をこじらせた後です。子供が以下のような症状がある場合は注意して下さい。
・呼吸が苦しそう
・ゼーゼーという呼吸
・熱が治まった後も咳が出る
・ゴホンゴホンという咳
・咳に痰がからむ
・熱が治まった後も鼻水や鼻づまりがある
こういった症状がある場合は、速やかに病院で診てもらうようにしましょう。

【子供が気管支炎になったら?】

子供が気管支炎と診断された場合には、病院で出されたお薬に関しては用量用法を守って服用するのは当然ですが、他にもに家庭で注意してほしい事があります。
@湿度の管理・・・空気が乾燥すると呼吸器により負担をかけることになり、症状が悪化しやすくなります。加湿器などを使って室内の湿度を保ちましょう。
A空気を清潔に・・・ホコリやペットの毛などのハウスダストは当然駄目ですので、室内は清潔にして下さい。またタバコの煙も百害あって一利なしです。子供の前では吸わないのはもちろん、出来れば禁煙して下さい。
Bこまめな水分補給・・・脱水症を併発しないように、適度に水分補給をさせて下さい。一度にたくさん飲むのではなく、少量をこまめに飲ませるようにしましょう。
C上体を起こす・・・寝ている時に咳が出る場合には上半身を起こしてあげましょう。背中や胸をさするかトントンと軽く叩いてあげると痰が切れやすくなります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。気管支炎は他人にうつるのかどうか、何科の病院で診てもらえばいいのかについて詳しく説明しています。

⇒ うつる?うつらない?

⇒ 何科の病院?


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
kikan4en★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。