気管支炎とは

急性気管支炎

ここでは気管支炎について、急性気管支炎について詳しく説明しています。

気管支炎は大きく分けて、急性気管支炎と慢性気管支炎の2つに分けられます。
急性気管支炎は、気管支炎の症状が急性に現れ症状も比較的強く出るものを指して言い、そのほとんどがウイルス感染によって起こるものです。


sponsored link




急性気管支炎の原因となるウイルスには、ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、インフルエンザ、パラインフルエンザ、アデノウイルスなどが挙げられます。
またウイルス以外では、マイコプラズマやクラミジアなどが原因になりますが、細菌感染が原因になることはほとんどありません。

急性気管支炎の症状は、気管支粘膜の炎症による咳や痰などの下気道症状と、発熱が代表的です。他にも「ゼーゼー、ヒューヒュー」という喘鳴(ぜいめい)や、咳をするたびに胸の痛みを伴うこともあります。特に乳幼児の場合は、発熱や痰などが治まった後も咳は継続することがあり、重症化するとチアノーゼや呼吸困難を起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

急性気管支炎の治療は、一般的なウイルス感染の場合は基本的に対症療法に留まり、それぞれの症状を和らげる薬で全身の状態を楽にし、ウイルスに対する抵抗力を高めて自身の免疫力で治すことになります。咳には鎮咳薬、痰には去痰薬が用いられます。細菌感染の場合には抗生剤を服用します。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。慢性気管支炎や気管支炎の種類について詳しく説明しています。

⇒ 慢性気管支炎

⇒ 気管支炎の種類


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
kikan4en★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。