気管支炎への疑問

何科の病院?

ここでは何科の病院で診てもらえばいいのかについて詳しく説明しています。

気管支炎は咳や発熱が主な症状の病気です。しかし実際に咳や発熱があるからといって、最初から気管支炎と分かって病院へ行く方はまず居ないでしょう。ほとんどが病院で診てもらい診断を受けて初めて気管支炎と分かるものです。では、何科の病院に行くのが良いのでしょうか?


sponsored link




【病院を選ぶ際のポイント】

病院を選ぶ際の一番のポイントとしては「どんな症状があるのか」です。咳や痰、発熱や喉の痛みなどの症状があるのに整形外科に行くのはお門違いです。こういった症状がある場合は、以下のいずれかに行くのが正しいです。
・呼吸器科
・内科
・耳鼻咽喉科

ただし前提として気管支は呼吸器です。従って、気管支炎は呼吸器科の専門分野になります。厳密に言えば、上の3つの中でも呼吸器科が最も正しいと言えるでしょう。

しかし実際には内科や耳鼻咽喉科、場合によってはアレルギー科でも診療しています。基本的にはどの科で受診しても問題ありませんし、かかりつけの医師がいるのが内科や耳鼻咽喉科であれば、そこで治療を受ければ良いのです。
より詳しい医師に診てほしいと思われる方は、専門医である呼吸器科の医師の居る病院へ行くのが望ましいということです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。子供の気管支炎についてや、気管支炎は他人にうつるのかどうかについて詳しく説明しています。

⇒ 子供の気管支炎

⇒ うつる?うつらない?


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
kikan4en★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。