気管支炎の症状

咳や痰以外のその他の症状について

ここでは気管支炎の様々な症状について詳しく説明しています。

気管支炎の症状には、代表的な以外にも様々な症状が挙げられます。
では、咳や痰以外にはどのような症状が挙げられるのでしょうか、以下に挙げていきましょう。


sponsored link




急性気管支炎の場合では、発熱や鼻水・鼻詰まり、全身倦怠感、悪寒、筋肉痛、胸の痛みなどが挙げられます。
慢性気管支炎の場合では、急性のような症状はありませんが、慢性的な咳と痰に続き、息切れがしやすくなったり、時には呼吸が苦しくなることもあります。

発熱は一般的に37〜38度程度出ますが、炎症がひどいと40度近くまで出ることも少なくありません。発熱に限りませんが、幼児や乳児の場合は成人に比べて症状がひどくなる傾向にあります。細気管支炎の場合はチアノーゼや呼吸困難を起こす危険もあります。

また気管支炎の症状に伴って、食欲もなくなり、水分補給が不十分で脱水症状を併発してしまうこともあります。他にも、びまん性汎細気管支炎の場合は慢性副鼻腔炎(蓄膿症)を同時に発症していることが多く見られます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。気管支炎の主症状である咳と痰について説明しています。

⇒ 

⇒ 


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
kikan4en★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。