気管支炎の原因

ウイルス感染による気管支炎

ここでは気管支炎の原因の中でも最も多い、ウイルス感染によるものについて詳しく説明しています。

気管支炎の中でも最も多いのがウイルス感染によって起こる急性気管支炎です。
気管支炎の原因には、他にもマイコプラズマやクラミジアなどの細菌に感染して起こる細菌感染型や、特定のアレルゲンに反応して起こるアレルギー性のもの、タバコの喫煙や大気汚染などが挙げられますが、急性気管支炎ではウイルス感染が最も多い原因となります。


sponsored link




急性気管支炎の原因となるウイルスには、ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、インフルエンザ、パラインフルエンザ、アデノウイルスなどが挙げられます。
この中でも最も多いのが、ライノウイルスやコロナウイルスで、次いでRSウイルスやインフルエンザウイルスとされています。
これらのウイルスには季節によって流行する特徴があり、冬の寒い時期にはコロナウイルス、RSウイルス、インフルエンザウイルスが流行し、春や秋などの季節の変わり目にはライノウイルスが多く見られる傾向があります。

治療は対症療法を基本とした鎮咳薬や去痰薬、消炎薬や解熱薬を併用して治療することになります。ウイルスに対する抗ウイルス薬を用いることもありますが、多くは自然治癒に任せることになります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。ウイルス感染による気管支炎以外の原因について説明しています。

⇒ 細菌

⇒ アレルギー

⇒ 喫煙・大気汚染


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
kikan4en★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。